トップ > 政策と活動 > 特集 > 汚職腐敗 > 市議会の副議長が辞職を提出

政策と活動|特集

しんぶん赤旗 2001年10月8日

市議会の副議長が辞職を提出

あっせん収賄容疑で福岡県警に逮捕された福岡市議会の浜田雅之副議長(福政会・城南区)が7日、議員辞職願いを稲員大三郎市議会議長に提出しました。稲員議長は、今日付けで直ちにこれを受理し、許可しました。

日本共産党市議団は、「浜田副議長の議員辞職であっせん収賄罪を闇に葬ることは許されない」として、議員辞職のみならず、市議会が地方自治法百条の調査権を付与した特別委員会を設置し、すべての公共事業について徹底した真相究明を求めるとしています。


浜田雅之副議長の議員辞職であっせん収賄事件を闇に葬ることは許されない

浜田雅之副議長の即時議員辞職と百条調査委員会による事件の徹底解明を要求する

>>> 特集「汚職腐敗」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop