トップ > 政策と活動 > 特集 > こども病院 > 「調査特別委員会の設置を」議長に申し入れ

政策と活動|特集

2009年2月4日

「調査特別委員会の設置を」議長に申し入れ

「調査特別委員会の設置を」議長に申し入れ

日本共産党福岡市議団は2月4日、「こども病院人工島移転『検証』に関する調査特別委員会設置の申し入れ」を福岡市議会の川口浩議長に提出しました。

こども病院移転の「検証」において、現地建て替え費用の試算が勝手に上乗せされた問題で、新たな証言などが報道され、市長の虚偽答弁や証拠隠ぺいの疑いが浮上していることを受け、市議会として特別の体制をとって調査することを提案したものです。

申し入れで星野美恵子市議は「子どもの命がかかった問題でごまかしたまま進めることは許されない」と指摘。

議長は「説明責任は果たすべきだと思う」と応じ、各派代表者会議に図って検討したいと語りました。


こども病院人工島移転「検証」に関する調査特別委員会設置の申し入れ


>>> 特集「こども病院」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop