トップ > 政策と活動 > 特集 > こども病院 > こども病院 人工島移転のための議案可決

政策と活動|特集

2008年9月24日

こども病院の人工島移転のための議案が
自民、公明、民主などの賛成で可決

福岡市の9月議会は最終日の9月24日、議案に対する討論と採決が行われました。

採決の結果、人工島のこども病院用地取得費47億円の補正予算案は、自民(19=議長除く)、公明(12)、民主(10)、みらい福岡(7)、福政市民(2)の賛成多数で可決されました。

市民の願いに背を向けたこれらの党派の冷たい態度が浮き彫りになりました。

反対したのは、日本共産党(6)の他、ふくおかネットワーク(3)と社民市政クラブ(2)と無所属(1)。

日本共産党は、ひえじま俊和市議が反対討論をおこないました。


日本共産党の反対討論


>>> 特集「こども病院」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop