トップ > 政策と活動 > 特集 > ケヤキ・庭石事件 > 事件解明へ 党市議団 百条委開催申入れ

政策と活動|特集

しんぶん赤旗 2004年7月31日

ケヤキ・庭石事件解明へ 党市議団 百条委開催申入れ

議長に申し入れる日本共産党福岡市議団=28日

福岡市のケヤキ・庭石事件で、日本共産党福岡市議団(宮本秀国団長)は28日、川上義之議長に対し、事件の全容解明のために「公共工事不正再発防止調査特別委員会」を調査権限のある百条委員会にして開催し、関係者の証人喚問を行うよう申し入れました。また、同委員会の浜地輝一委員長に対しても申し入れました。

報道によると、西田藤二容疑者(元市議)のケヤキ購入への関与や転売益が選挙資金となったことなど、新たな事実が取り調べ等で次々と明らかになっています。

申し入れでは「これらは市の調査が杜撰だったことを露呈したもの。志岐、西田容疑者らの起訴を受け、市議会として改めて徹底した調査を行うべき」としています。

福岡市議会では、自民党パーティ券事件や副議長あっせん収賄、公職選挙法違反事件などの汚職不正に続く刑事事件。政治腐敗の根絶を求める世論が高まっています。


関連記事ケヤキ・庭石事件に関する調査特別委員会の開催についての申し入れ

>>> 特集「ケヤキ・庭石事件」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop