トップ > 政策と活動 > 特集 > ケヤキ・庭石事件 > 「公共工事不正再発防止調査特別委員会」の早期開催を

政策と活動|特集

2003年7月17日

「公共工事不正再発防止調査特別委員会」の早期開催を
市議会議長に申し入れ

申し入れをする市議団

福岡市のケヤキ・庭石事件で、県警が福岡地所など数社を捜索し新たな動きを見せるなか、日本共産党福岡市議団(宮本秀国団長)は7月17日、市議会の川上義之議長に対し「公共工事不正再発防止調査特別委員会」を早期に開催するよう申し入れました。

この調査特別委員会は党市議団が設置を要求し、6月議会において設置が決議されたもの。ケヤキ・庭石事件と、公共工事をめぐる不正などについて調査します。

(写真は、川上義之・福岡市議会議長(左端)に申し入れをする日本共産党市議団の6名=7月17日、市議会)



関連記事公共工事不正再発防止調査特別委員会の早期開催に関する申し入れ

>>> 特集「ケヤキ・庭石事件」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop