トップ > 政策と活動 > 特集 > ケヤキ・庭石事件 > 志岐真一前社長の特別背任の告発状

政策と活動|特集

2003年3月5日

市民のたたかい

志岐真一前社長の特別背任の告発状
福岡地方検察庁が受理、捜査へ

福岡地方検察庁は3月7日、「許さんばいケヤキ・庭石疑惑!徹底究明の会」が提出していた告発状を受理しました。小泉幸雄弁護士に地検から電話がありました。これにより、いよいよ司直の手が入ることになります。

山崎市長は同日、コメントを発表しましたが、告発を受理したことを「非常に厳粛に受けとめています」としながらも、「告発を視野に入れながら、厳正に対処」などと、「告発する」と明言していません。


関連記事「告発状」

>>> 特集「ケヤキ・庭石事件」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop