トップ > 政策と活動 > 特集 > 人工島 > 人工島調査レポート

政策と活動|特集

2004年5月17日

人工島調査レポート

図1  
中央公園にて 中央公園にて説明を聞く。
中央公園の一部 総額250億円かけて整備される中央公園の一部。芝生が取り囲む大きな池ができている。「海を埋めて、池を作る無駄づかい」と厳しい批判も。
問題の1本100万円のケヤキ 問題の1本100万円のケヤキ。鹿児島から植栽されたが、潮風に弱いケヤキが人工島に根付くか。中央公園には庭石も使われている。
図2  
まだ更地の広大な住宅用地 まだ更地の広大な住宅用地。積水ハウスと福岡地所、市住宅供給公社が整備するというが、売れる見込みは見えない。
住宅用地の外周緑地 住宅用地の外周緑地(東側海岸)。海からの見栄えはよいとのこと。
図3  
現在埋め立て中の博多港開発2工区 現在埋め立て中の博多港開発2工区を南側から望む。周囲は堤防で仕切られているものの、海水が残る湿地状態となっている様子が見える。博多港開発の破たんをうけ、市長はこの工区を市直轄工事にするという検討をしているが、710億円の税金投入と、あてのない土地利用計画で、実現性はない。
図4  
市工区コンテナターミナルのガントリークレーンの下にて 市工区コンテナターミナルのガントリークレーンの下にて。最新設備を誇るが、貨物量が伸び悩む博多港は、市が目指していた国の「スーパー中枢港湾」指定から外された。向こうに見えるのは、対岸の香椎パークポート。
岸壁 水深14メートルの岸壁。この先にさらに深い岸壁を2つつくる計画だが、施工主の国は工事に着工しないまま。

>>> 特集「人工島」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop