トップ > 政策と活動 > 特集 > 人工島 > 「人工島署名」に活気

政策と活動|特集

しんぶん赤旗 2005年2月9日

人工島・住民投票条例を

「人工島署名」に活気

人工島・住民投票条例を求める直接請求署名運動が福岡市内各地で大きな盛り上がりをみせています。4日夕、中央区と南区の境にある西鉄平尾駅前の交差点では、近隣の平尾の会、西高宮の会の人々を中心に12人が署名を集めました。

退勤時の会社員や通行人が、寒い夕方とあって帰途を急ぐなか、よびかけに応じていました。

「ホント、人工島やらつくらんで、もっと市民の生活向上に税金を使わにゃあ」といって署名する人や、「寒いなかご苦労さんですね。がんばってください」の声が相次ぎ、44人が署名しました。

参加者は「あすは地域の家を訪問し、100人から集めたい」と、さらに意欲をみせていました。

>>> 特集「人工島」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop