トップ > 政策と活動 > 特集 > 人工島 > 仁比そうへい、つの豊臣両候補とともに人工島調査

政策と活動|特集

2004年5月7日

仁比そうへい、つの豊臣両候補とともに人工島調査

仁比そうへい、つの豊臣両候補

日本共産党福岡市議団の6議員は5月7日、仁比そうへい・参院比例候補(写真中央)、つの豊臣・参院福岡選挙区予定候補(左から2人目)といっしょに、人工島の現地視察・調査を行いました。港湾局課長らが案内しました。

仁比候補は「耐えがたい自然破壊と破たんぶりに憤りを抑えられません。現地を見ても、土地利用や産業立地の見通しはなく、破たん救済のための2千億円以上もの巨額の税金投入には何の展望もありません。ただちに事業を凍結し、市民参加で抜本見直しをすべきです」と語りました。


>>> 特集「人工島」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop