トップ > 政策と活動 > 特集 > 人工島 > 福岡市議会 人工島建設見直し要求

政策と活動|特集

しんぶん赤旗2001年6月18日

福岡市議会 人工島建設見直し要求

綿貫 議員

福岡市の六月定例議会で十四日、日本共産党の綿貫英彦議員が本会議の議案質疑で、人工島建設の抜本的見直しを求めました。

綿貫議員は、人工島のソフトリサーチパークの土地分譲がまったく進まず、住宅用地が商業用地変更されようとしていることを示し、埋め立てはまったく必要ないとただしました。

新港湾計画では六万トン級の船舶の入港を理由に、新たに十五メートル水深にする問題について、現在の十二メートル水深ですでに六万五千メートルの船舶が干潮時に出入港している事実を示し、「税金の無駄づかいであり、マリコンのための仕事づくりでしかない」と追及。

市のアセスメントレビュー(再評価)に対する環境省の「見解書」について、和白干潟の自然が破壊されるのを危ぐして出されたものであり、これ以上の埋め立てはやめ、湿地を大幅に拡大する方向で、野鳥公園計画やエコパーク計画を見直すよう要求しました。

山崎広太郎市長は、「新しい近代的な港湾が求められているのは事実。(博多港の)整備を第一にと考えている」と答弁しました。

>>> 特集「人工島」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop