トップ > 政策と活動 > 特集 > 子育て・教育 > 市立保育所の民営化実施計画 党市議団が撤回を申し入れ

政策と活動|特集

2004年10月19日

市立保育所の民営化実施計画 党市議団が撤回を申し入れ

公立保育所民営化撤回申し入れ

福岡市は10月7日、公立保育所の民営化の実施計画を発表しました。

これによると、現在21ヶ所ある市立保育所のうち14ヶ所を順次民間へ移管する計画です。民営化を強行しようとする市に対し、保護者や市職員労働組合から批判の声があがっています。市は移管先の法人の公募などをすすめ、来年2月からの予算議会に条例改正案を提案しようとしています。


移管する保育所とスケジュールは次の通り。


2005年4月板付保育所(博多区)

2006年4月飯盛保育所(西区)、東住吉保育所(博多区)

2007年4月隅田保育所(博多区)、東清水保育所(博多区)

2008年4月清水保育所(博多区)

2009年4月大井保育所(博多区)

2010年度以降西戸崎保育所(東区)、城の原保育所(西区)、
壱岐保育所(西区)、入部保育所(早良区)

今後分園化を含めて検討志賀島保育所(東区)、内野保育所(早良区)、
脇山保育所(早良区)


これを受け、日本共産党市議団は19日、山崎市長に対する申し入れを行いました。


関連記事「市立保育所民営化の実施計画撤回についての申し入れ」

>>> 特集「子育て・教育」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop