トップ > 政策と活動 > 申し入れ > 浜田雅之前副議長が絡んだあっせん収賄事件の真相解明と〜

日本共産党福岡市議団の政策と活動

2001年10月9日

福岡市長 山崎広太郎 殿

日本共産党福岡市議団
団 長 宮本 秀国

(市長申し入れ)

浜田雅之前副議長が絡んだあっせん収賄事件の真相解明と
河本建設事件を含む本市公共事業の総点検・厳正な調査を
要求する申し入れ

福岡市の公共事業をめぐるあっせん収賄の容疑で逮捕された浜田雅之副議長は、七日、議員辞職願を提出し、同日、稲員大三郎議長はこれを許可しました。

行政の監視役として、公共の利益を守り、市民の福祉向上に力を尽くすべき市会議員が、自らの利益のために、法を犯して市職員から秘密の情報をとり、業者に教えて、その謝礼として現金を受け取るなど、政治家として断じて許されない行為です。

議員辞職は当然ですが、しかし、これで事件を闇に葬り去り、うやむやにすることは絶対に許されません。今回容疑はあっせん収賄であり、しかも、福岡市の公共事業に係わっての事件です。今、河本建設の談合・贈収賄事件をめぐって市議会は調査特別委員会を設置し、市当局とともに入札制度の改善や職員倫理条例の検討、また、事件の真相解明等にとりくんでいるところであり、一方では裁判も継続中です。本市公共工事のあり方が厳しく問われています。

本市ではこれまで、業者と市幹部との平日ゴルフ事件、自民党パーティ券事件、河本建設談合・贈収賄事件、土木局部長への便宜供与事件などなど、公共事業をめぐる談合や汚職腐敗事件が相次いで発覚し、何度となく市庁舎が家宅捜索を受ける事態が続いてきました。長く続く開発優先の市政の下でつくりだされた政・官・業の構造癒着がこの根底にあることは明らかです。

今回事件もそうした数々の癒着、腐敗のまさに氷山の一角です。これは決して過去の事ではありません。「ある市議は『自分も設計価格を聞き出したことはある。謝礼はパーティ券の大口購入や選挙の応援』と告白」(10月7日付け「西日本」)という証言も報道され、また、「漏洩は『業務命令』」とする職員の談話も報じられています。今や本市の公共事業全てに疑惑が寄せられる状況となっています。したがって、他の議員の関与等も含め、本市公共事業全体について、改めて総点検する必要があり、次の点を実行されるよう申し入れます。


  1. 浜田前副議長が関与したあっせん収賄事件の徹底調査を行い、公表すること。
  2. 河本建設事件では、志岐眞一元助役の証言で判明した市内部の「調整役」について調査し、公表すること。
  3. 政治家や上司、そして業者からの秘密情報の漏洩要求がなかったかなど、改めて本市公共工事の総点検を行い、実態を公表すること。

以上


関連記事副議長のあっせん収賄事件 市議団が市長、議長に申し入れ


>>>「申し入れ」一覧に戻る
>>>「声明」一覧へ
>>>「政策と活動」トップへ

PageTop