トップ > トピックス > 安部整形外科火災を受けて市長に緊急の申し入れ

トピックス

2013年11月22日

安部整形外科火災を受けて市長に緊急の申し入れ

フィットネス申し入れ

10月11日に起きた安部整形外科(博多区)の火災をうけて、日本共産党市議団は市長に対して6項目の緊急申し入れをおこないました。

病院・診療所について問題を浮き彫りにする詳細な調査をおこなうこと、財政支援を行い、有床診療所への防火扉の点検を義務づけること、有床診療所にたいし緊急の消防対策を市の責任でおこなうこと、スプリンクラー設置をはじめ、有床診療所の防火体制整備のために財政支援をおこなうこと、有床診療所の診療報酬引き上げを国に求めること、高齢者や子ども等が集まる施設に対する防火点検体制を強化することを要求しています。

このなかで、水道直結の簡易型のスプリンクラーは1カ所250~500万円程度で導入でき、市の責任で緊急に全有床診療所につけるべきだと提案しています。

市側は貞刈副市長が応対し「市長に伝えます」と答えました。


申し入れ「安部整形外科火災を受けての緊急の申し入れ」


>>> 「トピックス」一覧に戻る

PageTop