トップ > トピックス > 市政懇談会を開きました

トピックス

2013年9月28日

市政懇談会を開きました

区役所窓口の「実態調査」は問題あり

日本共産党福岡市議団は9月28日、市政懇談会を開きました。

中山いくみ幹事長は、人工島事業の破たん救済の18億円の補正予算、中央保育園移転や教室エアコン設置要求の論戦、非婚母子家庭に寡婦控除を拡大することを求める意見書可決など9月議会について報告しました。

市立幼稚園の全廃計画について、中山氏は「市民の運動と市議団の論戦で押し返し、当局のスケジュール通りにいかない状況になっている。6万6000筆の署名を力に撤回を求めてがんばる」と決意を語りました。

参加者から「市の子ども子育て会議を傍聴したが保育制度についてどんな議論がされていくのか不安」「区役所の生活保護相談の対応がますます厳しくなるのではないか」「学校ウオッチングで調査したが緊急に対応してほしい所があった」「引き揚げ資料の保存と展示の改善を」などの要望、市議団への期待の声が出されました。


>>> 「トピックス」一覧に戻る

PageTop