トップ > トピックス > 公約実現にがんばります

トピックス

2011年3月26日

公約実現にがんばります

〜福岡市議会議員選挙の結果について

4月10日投票の福岡市議会議員選挙で、日本共産党は7区に7人を擁立してたたかいました。結果、空白だった東区で元職が返り咲きを果たし、中央区、南区、早良区、西区で議席を維持しました。博多区と城南区で現職が議席を失いました。改選前の6議席から5議席へと後退しました。ご支援いただいた皆様に感謝を申し上げます。

今回のいっせい地方選挙は3月11日に発生した東日本大震災の未曾有の大災害の直後に行われました。日本共産党は、被災地と心を一つに、救援と復興、原発事故の危機回避とエネルギー政策の転換、福祉と防災のまちづくりなどの政策と主張を訴えました。また、市民の願いである、高すぎる国民健康保険料の引き下げ、住宅リフォーム助成制度の実現、こども病院の人工島移転中止と現地建替えなどの公約を掲げて、市民と共同して市政を動かす党議員の役割を語りました。こうした主張と公約に対して、多くの市民のみなさんから共感と期待の声をいただきました。

5月17日に改選後初めての臨時議会が開かれます。日本共産党福岡市議団は、公約実現に全力を挙げて奮闘する決意です。今後ともよろしくお願いします。


>>> 「トピックス」一覧に戻る

PageTop