トップ > 政策と活動 > 特集 > 福祉・介護 > 介護保険料減額遡及問題 高齢者と党の要求みのり、制度改善

政策と活動|特集

2003年9月6日

介護保険料減額遡及問題
高齢者と党の要求みのり、制度改善

福岡市は、介護保険料の減額について、9月以降申請した人にも4月分までさかのぼって減額するよう改善したことを明らかにしました。

今年度から実施されている保険料減額制度は、8月末までに申請しなければさかのぼって減額されないことが問題になっていました。

8月26日に「介護保険料減免適用の遡及」を申し入れた日本共産党福岡市議団に対し、市側が制度改善について回答しました。また「介護保険に怒る福岡県一揆の会」も福岡市に改善を申し入れていました。

保険料減額は、65歳以上の高齢者のうち第2段階の人で、収入など一定の要件に該当する人について、保険料が半額となります。市は対象者数を3000人と想定していますが、8月末までの申請者は約1000人。周知徹底が求められます。

>>> 特集「福祉・介護」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop