トップ > 政策と活動 > 特集 > 平和 > 「憲法守ろう」 憲法記念日に街頭演説

政策と活動|特集

2007年5月3日

「憲法守ろう」 憲法記念日に街頭演説

日本共産党福岡市議団の市議6名は5月3日、日本共産党福岡県委員会の田中みゆき・若者しごと相談室長(参院選挙区予定候補)とともに、福岡市の博多駅前、天神、姪浜駅前の3ヶ所で「憲法記念日街頭演説」を行いました。

今年は憲法施行60周年。福岡の祭り「博多どんたく」も戦後、日本国憲法施行日である5月3日にあわせて復興し、今年60周年です。どんたくでにぎわう街で元気に訴えました。

党市議と田中氏らは、戦争放棄と戦力不保持を誓った憲法9条を変えることは、日本を戦争する国に変えることだと指摘し、武力によらない平和的な紛争解決こそ今の世界に求められていると述べ、「憲法を守り、生かした国づくりを進めるため、力をあわせましょう」と呼びかけました。

また、格差と貧困が深刻となり、ワーキングプアやネットカフェ難民が問題となっている今、誰もが文化的な生活を送る権利があると定めた憲法25条の生存権を保障することこそ、政治に求められていることを強調。国民と共同して、命と暮らしを守る政治へきりかえようと訴え。夏の参院選にむけてがんばる決意を述べました。

天神の演説を立ち止まって聞いていた男性(熊本県菊池市から来福)は「最近赤旗をとるようになり共産党の言うとおりだと思うようになりました。貧困は何とかしないといけない。参院選で議席を増やすようがんばってください」と声をかけていきました。


写真は、演説する田中みゆき・参院選挙区予定候補(中央)と、福岡市議団の6議員(博多駅前で)

>>> 特集「平和」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop