トップ > 政策と活動 > 特集 > 平和 > 米軍艦入港に抗議

政策と活動|特集

2002年8月16日

米軍艦入港に抗議

米ミサイル巡洋艦シャイローが入港した16日、平和団体などが福岡市の博多港須崎ふ頭で抗議集会を開き、力強くシュプレヒコールをあげました。

福岡地区労連、福岡市職労、市平和委員会、安保破棄市実行委員会、市原水協が呼びかけた集会には、県革新懇、新日本婦人の会、福岡県労連など、賛同した民主団体や市民あわせて170人が参加。日本共産党の県議候補と福岡市議団が参加しました。日本共産党の小沢和秋衆院議員は「国民の平和への願いを大きく踏みにじるものだ。有事法制を先取りするものであり、決して許せない」とともにたたかう決意を表明しました。


シャイロー←市民の抗議のなか博多港に入港する米海軍イージス艦シャイロー
(2002年8月16日12時ごろ須崎埠頭にて撮影)

前方甲板で機関砲をかまえる米兵←前方甲板で機関砲をかまえる米兵
(銃火器配備は合わせて5ヵ所あった)

>>> 特集「平和」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop