トップ > 政策と活動 > 特集 > 平和 > 博多港への米イージス艦入港拒否を市に要請

政策と活動|特集

しんぶん赤旗 2002年8月14日

博多港への米イージス艦入港拒否を市に要請

「米海軍空母リンカーン戦闘群のイージス巡洋艦・シャイロー(核兵器積載可能)が、16日から4日間、博多港に入港しようとしている問題で、日本共産党福岡市議団は12日、山崎広太郎市長に対し、

1. 入港の拒否と港湾施設利用の不許可、

2. 非核証明書の提出の要求

—を行うよう申し入れました。

同艦は9日、福岡市に「けい留施設利用申請登録」を提出。それによると着岸は16日正午、離岸は19日午前9時の予定。入港目的は、「親善・休養」としています。

海上保安部から市港湾局への入港通知は先月23日。

申し入れでは、今回の入港が、国際的に批判が高まっているブッシュ米政権の「悪の枢軸国論」にもとづく、アフガンやイラクなどに対する軍事行動の一環であることを指摘。また、有事法制をめぐり、「米軍の戦争に国民と自治体の強制動員は許せない」との世論が高まっていることも強調しています。

応対した北嶋雄二郎市長室長は、申し入れの主旨を市長に伝えるとのべました。


関連記事米軍艦シャイローの博多港入港の拒否を求める申し入れ

>>> 特集「平和」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop