トップ > 政策と活動 > 特集 > 福岡オリンピック招致 > 福岡市が16年五輪立候補

政策と活動|特集

2006年4月24日

反対する会のとりくみ

福岡市が16年五輪立候補

福岡市の山崎広太郎市長は24日、東京・渋谷の岸記念体育会館を訪れ、日本オリンピック委員会(JOC)に2016年夏季五輪の「立候補意思表明書」と福岡市議会の「決議書」などを提出しました。正式な立候補は福岡市が初めて。同じく招致の意向を示している東京都yは28日に書類を提出の予定です。

山崎市長、麻生渡福岡県知事らが記者会見に臨み、開催計画の概要を説明しました。

今後は、6月30日までに詳細な「開催概要計画書」をJOCに提出。JOCでは現地調査などを経て、8月30日の投票で国内立候補都市を決定します。

>>> 特集「福岡オリンピック招致」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop