トップ > 政策と活動 > 特集 > 国民健康保険 > 国保よくする会が対市交渉

政策と活動|特集

2011年1月25日

国保よくする会が対市交渉

国保よくする会が対市交渉

「国保をよくする福岡市の会」は1月25日、市の国保担当課と交渉し、高すぎる国保料の抜本的引き下げと命に関わる保険証取り上げの中止などを要望しました。

保険証の取り上げを改めようとしない市側に参加者から怒りの声が上がっていました。

日本共産党の中山いくみ市議団幹事長、星野美恵子、ひえじま俊和両市議、綿貫英彦元市議が参加し、冷たい国保行政の改善を強く要求しました。


>>> 特集「国民健康保険料」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop