トップ > 政策と活動 > 特集 > 国民健康保険 > 国保料引き下げ署名提出 累計約24万人に

政策と活動|特集

2009年12月21日

国保料引き下げ署名提出 累計約24万人に

国保料引き下げ署名提出

「国保をよくする福岡市の会」は12月21日、国保料の引き下げを求める請願署名3万5,918人分を市議会に提出しました。2年前から始めた署名は今回が第3弾で、累計は23万9,872人分になりました。

この日は各区の会から署名簿を持ち寄り、市議会各会派を回りました。紹介議員は日本共産党、ふくおかネットワーク、社民市政クラブの計11名。

提出集会に参加した中山いくみ議員は「署名の力で2年連続の引き下げを実現したことは大きい。それでも福岡市の国保料は高すぎる。来年度の大幅引き下げを、きたる予算議会で実現しましょう。私たちもがんばります」と激励しました。

会は引き続き署名活動を続けることにしています。


>>> 特集「国民健康保険料」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop