トップ > 政策と活動 > 特集 > 国民健康保険 > 国保料引下げ署名 人口の1割 14万4990筆を提出

政策と活動|特集

2007年12月13日

国保料引下げ署名 人口の1割 14万4990筆を提出

12月13日「国保をよくする福岡市の会」は、福岡市議会に対し、保険料の引き下げを求める請願署名の最終提出を行いました。署名数の合計は14万4990筆に上り、福岡市の人口の一割を超えました。昨年の「オリンピック招致反対署名」をうわまわる市議会史上最高の署名数です。

提出に同席した日本共産党市議団を代表して、宮本秀国団長があいさつ。「ご苦労様でした。18日の請願審査、来年の国保運営協議会など、保険料引き下げまでがんばりましょう」と激励しました。

その後「よくする会」は、再度、市長室を訪ね、人口の一割を超える署名が集まったことを報告し、「国保についての対話集会」開催と保険料のひき下げを求めました。応対した市長室長は「検討します」と回答しました。

>>> 特集「国民健康保険料」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop