トップ > 政策と活動 > 特集 > こども病院 > 新署名に市民の共感 どんたくで4,343筆あつまる

政策と活動|特集

2010年5月5日

新署名に市民の共感 どんたくで4,343筆あつまる

新署名 どんたくで4,343筆

こども病院の人工島移転中止と、独立行政法人化された市立病院を市直営に戻すことを求める署名活動が、5月3、4日の博多どんたくにあわせて取り組まれました。「こども病院の人工島移転に反対する連絡会」が企画したもので、日本共産党市議団も参加しました。

歩行者天国となった市役所前で署名をうったえると、どんたく参加者や観光客らが次々足を止め、「吉田市長の公約違反だ」「こども病院を守ってください」と署名に応じて行きました。

2日間で集まった署名はなんと4,343筆になりました。


>>> 特集「こども病院」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop