トップ > 政策と活動 > 特集 > こども病院 > 新署名スタート集会ひらかる

政策と活動|特集

2010年4月11日

新署名スタート集会ひらかる

新署名スタート

「こども病院の人工島移転に反対する連絡会」は4月11日、「新署名スタート市民集会」を開きました。80人が参加し、9月議会に向けて、新しい署名運動に取り組むことを確認しました。

新署名の請願項目は、「1、こども病院の人工島移転をはじめとする『新病院基本構想』を白紙撤回すること、2、独立行政法人化されたこども病院・市民病院を市の直営に戻すこと」。

集会では、連絡会の石村善治代表が新署名の主旨と住民運動について報告。「福岡市立こども病院の人工島移転撤回を求める市民会議」代表の羽田野節夫弁護士、たかき小児科医院理事長の高木誠一郎医師、日本共産党福岡市議団幹事長の中山いくみ議員、福岡市職労の高村美保さん(看護師)、福岡医療団副理事長の杉谷雅博さんがそれぞれ報告やあいさつを行いました。

集会後、天神で街頭署名にとりくみました。


>>> 特集「こども病院」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop