トップ > 政策と活動 > 特集 > こども病院 > 「連絡会」が調査特別委員会設置を求める請願を提出

政策と活動|特集

2009年3月24日

「連絡会」がこども病院移転をめぐる疑惑の徹底解明、
調査特別委員会設置を求める請願を提出

調査特別委員会設置を求める請願を提出

「こども病院の人工島移転に反対する連絡会」(石村善治代表)は3月24日、こども病院移転をめぐる疑惑の徹底解明と「調査特別委員会」設置を求める請願を、6226筆の署名とともに市議会に提出しました。

日本共産党の6市議は紹介議員になりました。他にはネットワークと社民市政クラブで合計11人。

日本共産党の各市議は、同連絡会の街頭署名活動にも参加し、こども病院移転検証における現地建て替え試算の1.5倍や公文書破棄などの疑惑の徹底解明と人工島移転阻止に全力をあげています。


>>> 特集「こども病院」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop