トップ > 政策と活動 > 特集 > こども病院 > 「連絡会」が調査特別委員会設置を議長に申し入れ

政策と活動|特集

2009年3月12日

「連絡会」が調査特別委員会設置を議長に申し入れ

調査特別委員会設置を議長に申し入れ

「こども病院の人工島移転に反対する連絡会」の石村善治代表ら9名は3月12日、福岡市議会の川口浩議長と面会し、議会に「調査特別委員会」を設置してこども病院の「検証」にかかる疑惑を明らかにするよう求める要望書を提出しました。

石村氏らは、市がこども病院人工島移転の「検証・検討チーム」が現地建替え試算をゼネコンにヒアリングしたとして1.5倍に上乗せしていた問題で、議会答弁に誤りがあったとして市長が謝罪したことや、根拠となる文書が破棄されたことなど、疑惑が深まっていることを指摘。人工島移転に反対する世論と運動がますます高まっていることを示して、議会として徹底調査と審議を行うべきだと述べました。

議長は「虚偽答弁はよくないことだ。要望内容は各会派に伝えたい」と述べました。


>>> 特集「こども病院」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop