トップ > 政策と活動 > 特集 > ドーム馬券売り場阻止 > 福岡ドームの馬券売り場設置 農水省が取り消し

政策と活動|特集

しんぶん赤旗 2002年7月25日

福岡ドームの馬券売り場設置 農水省が取り消し

福岡ドームの場外馬券売り場設置問題について、農林水産省競馬監督課が、佐賀県、荒尾、岩手県の競馬組合から設置申請取り消しの申し出があり、6月28日に取り消しの承認をおこなったことを明らかにしました。7月19日、日本共産党福岡市議団の要請に対し回答したもの。

この福岡ドーム馬券売り場設置問題は、周辺の教育環境や住環境への影響とあわせて、地元住民に全く知らされずに計画がすすめられたことが問題となり、昨年秋から反対の世論と運動が大きく広がったもので、農水省の承認取り消しでこの問題は完全に決着しました。

さらに市議団は、今後の場外馬券売り場の設置にあたっては、計画が住民全体に周知され、自治会等が反対を決定すれば設置を認めないなど、条件を厳しくするよう要請しました。

>>> 特集「ドーム馬券売り場阻止」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop