トップ > 政策と活動 > 特集 > ドーム馬券売り場阻止 > 福岡ドームの場外馬券売り場設置断念について

政策と活動|特集

2002年5月31日

福岡ドームの場外馬券売り場設置断念について

日本共産党福岡市議団

一、本日、福岡ドームに計画されていた場外馬券売り場について、(株)福岡ドームと佐賀県・荒尾・岩手県三競馬組合が設置を断念すると発表しました。この間、周辺住民やPTA関係者などのみなさんが、短期間で10万人の請願署名を集め、設置反対の集会や宣伝活動などをくりかえし行うなど、幅広い運動を取り組んできました。今回の設置断念は、このような市民の良識とがんばりの成果です。

一、福岡ドームの周辺は、福岡中央養護学校など学校・教育施設の他、医療施設や文化施設などが集中する住宅街であり、教育環境や住環境への悪影響や交通渋滞などを生み出す馬券売り場の設置は、そもそも許されないものでした。さらに、福岡ドームと三競馬組合が、周辺住民や教育関係者には一切知らせずに農水省への許可申請の手続きをすすめ、これを農水省が認めたことは、住民を全く無視するものであり、今回の設置断念は当然の結果です。

一、日本共産党福岡市議団は、設置断念をめざして市民のみなさんと力をあわせ奮闘してきました。福岡ドームへの場外馬券売り場設置の問題点を明らかにし、市議会でもたびたび取り上げ、また三競馬組合や農水省などに要請するなど、積極的な取り組みを行ってきました。今後とも、教育環境を守り、住みよいまちづくりをすすめるために、市民のみなさんと力をあわせてがんばる決意です。

以上

>>> 特集「ドーム馬券売り場阻止」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop