トップ > 政策と活動 > 特集 > ドーム馬券売り場阻止 > 正式な回答期待 党市議団に福岡市当局

政策と活動|特集

しんぶん赤旗 2002年5月11日

福岡・場外馬券売り場問題
正式な回答期待 党市議団に福岡市当局

「福岡ドーム場外馬券売り場」設置問題で、日本共産党福岡市議団は九日、福岡ドーム側の設置断念の動きが報道されたことについて市当局にただしました。これには宮本秀国団長、星野美恵子議員、倉元達朗議員が参加。市側は渡部晶総務企画局長が応対しました。

同局長は、1.四月下旬に福岡ドームの高塚猛副社長が市を訪れ、山崎広太郎市長と二人きりで会談をした 2.会談の内容は確認していない 3.市としては、市長の建設反対表明とともに関係者へ計画断念を要請している。断念するという正確な回答を期待している—と述べました。

星野議員は「計画断念に向けての最後の正念場を迎えている。今後も気を緩めることなく、市民と力をあわせて白紙撤回させるまでがんばりたい」と話しています。

>>> 特集「ドーム馬券売り場阻止」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop