トップ > 政策と活動 > 特集 > ドーム馬券売り場阻止 > 百道浜校区自治連合会 設置同意を撤回

政策と活動|特集

しんぶん赤旗 2002年4月11日

福岡ドーム馬券売り場
百道浜校区自治連合会 設置同意を撤回

福岡ドーム周辺五校区の一つである百道浜校区自治連合会は九日夜の定例会で、同連合会長の設置同意の撤回を決めました。福岡ドームや主催者である佐賀、荒尾などの三競馬組合に文書で届けることにしています。

三競馬組合とドーム側は、ドーム周辺の五つの校区自治連合会長の「同意」をもって「地元の同意」を得たと強弁していました。今回の同意撤回は、場外馬券売り場設置承認の根本となる「地元の同意」の根拠をくずすものです。

地元住民らでつくる「環境を守るため・ドームに『馬券売り場を作らせぬ会』」の諸岡敬一郎会長は、「署名の広がりや、市長の反対表明からみても、多くの市民が馬券売り場設置に反対しているのは明らか。百道浜の同意撤回は、他の校区にも大きな影響を与えるだろう。十一日にはPTAや学校関係者で作る団体が農水省へ承認撤回の陳情に行くので、その力になるのではないか」と話しています。

>>> 特集「ドーム馬券売り場阻止」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop