トップ > 議会報告 > 2017年度決算特別委員会> 髙島市政の8年を問う

議会報告

2017年度決算特別委員会(2018年10月)

髙島市政の8年を問う

2018年10月5日 中山いくみ市議の総会質疑

中山いくみ議員

2018年10月5日、日本共産党の中山いくみ市議は決算特別委員会総会の質問で髙島市政の8年間をただしました。

中山市議は、ウオーターフロント地区の再開発について、第二期展示場、「ウォーターフロントホール」、コンセッション方式での施設建設、ロープウエー構想などを追及。同開発をやめるよう迫りました。また、「天神ビッグバン」、人工島事業もやめるよう要求しました。

他方で、開発優先の政治によって人口の膨張が起き、過大規模校が増えている現状を告発。また、敬老金廃止、高齢者乗車券の廃止・削減計画など福祉の切り捨てがすすめられている実態を暴きました。

さらに、宿泊税、屋台、BPO問題などでの市長の独断専行、用地をめぐる数々の疑惑などをあげ、「このまま市長を続ければ99%の市民は不幸になる」として市長に対し、出馬表明を取り消すよう求めました。

髙島市長は指摘された問題を反省せず「市民が判断する」と答弁しました。

>>>「2017年度決算特別委員会(2018年10月)」トップへ戻る

>>>「議会報告」一覧ページへ戻る

PageTop