トップ > 議会報告 > 2016年予算議会> 空港への高速道路延伸やめよ

議会報告

2016年予算議会

空港への高速道路延伸やめよ

2016年2月18日 星野美恵子市議の議案質疑

星野美恵子市議

日本共産党の星野美恵子市議は、2016年2月18日、議案質疑に立ち、福岡空港への高速道路延伸の問題について高島市長を追及しました。


議案は福岡空港の国内線ターミナルへの高速道路の延伸に関連するものです。

星野市議は、国内線については今後も旅客数が横ばい・減少をしていくという国の予測と、実際に10年前よりも減少している実績を示して、空港への自動車利用が増えるかのような市の言い分は成り立たないと批判しました。

さらに、トンネル方式工法が計画されている事実をとりあげて、軟弱地盤の問題、浸水、雨水流入などの危険があることを指摘しました。

事業費についても、短縮効果がわずか5〜10分しかないにもかかわらず、500億円もつぎ込むことが明らかに。しかも、これまで市がすすめてきた高速道路の工事では、当初計画から4倍以上にふくれあがっていった事実があると述べました。

星野市議は、「渋滞解消という理由も成り立たない。不要不急だ。税金の使い道がまったく間違っている」とのべて、延伸計画の中止、議案の撤回を市長に迫りました。

高島市長は「延伸にむけたとりくみをしっかりと進めてまいりたい」とのべ、あくまでこのムダづかいを進める姿勢をあらわにしました。


>>>「2016年予算議会」トップへ戻る

>>>「議会報告」一覧ページへ戻る

PageTop