トップ > 議会報告 > 2009年6月議会 > 西鉄バス脇山支線の存続を

議会報告

2009年6月議会

西鉄バス脇山支線の存続を

2009年6月16日 中山いくみ議員の一般質問

西鉄バスの「脇山支線」が廃止されようとしています。早良区南部の内野陽光台−曲淵間、内野陽光台−谷口間、脇山小学校−椎原間の路線。住民にとっては役所や市街地への唯一の公共交通機関です。西鉄の突然の廃止方針に住民から不安と困惑の声があがっています。

中山いくみ市議は6月議会一般質問でこの問題を取り上げ、市長が西鉄に対して路線存続を強く求めるべきだと迫りました。

中山市議は脇山小学校が「山っ子スクール」実施校のため、校区外から通学している児童が半数以上だと述べ、バス路線廃止は子どもと保護者への影響が大きいと指摘。教育長は「重要な交通手段だ」と認めました。

料金、便数の維持に市が責任を持つように求めた中山市議に対し、市側は「西鉄に働きかけていく」と答弁しました。

>>>「2009年6月議会」トップへ戻る

>>>「議会報告」一覧ページへ戻る

PageTop