トップ > 政策と活動 > 申し入れ > 百条調査特別委員会の設置に関する申し入れ

日本共産党福岡市議団の政策と活動

2001年1月29日

福岡市議会議長 津田隆士 殿

日本共産党福岡市議団
団 長 宮本 秀国
副団長 黒田ハツ子
幹事長 原田 祥一
星野美恵子
比江嶋俊和
綿貫 英彦
倉元 達朗

(議長申し入れ)

市幹部の収賄汚職・入札不正事件の徹底解明、
再発防止策確立のための
百条調査特別委員会の設置に関する申し入れ

26日、木山光蔵総務企画局長が、本市発注工事の入札に際し、業者に便宜をはかった見返りに現金100万円を受け取ったとして収賄容疑で逮捕されました。1998年5月に入札が行われた「筥松第四ポンプ場」築造工事の談合事件で、公判中の河本建設社長・河本有満被告も、同日、贈賄容疑で再逮捕されています。汚職事件での現職局長逮捕という市政史上、かつてない重大な事態を迎えました。

河本建設が工事を受注するために配ったとされる「裏金配付先リスト」には、業界幹部だけでなく、市の幹部職員や「大物幹部OB」、さらに政治家など300人に及ぶ氏名が記入されていることが報道されており、公共工事における談合の常態化とともに政・官・業の構造癒着の実態が色濃く浮かび上がっております。地検の家宅捜索は、木山局長が過去11年間に在籍した全ての執務室(市長室長室、市民局長室、経済振興局長室、財政局長室、保健福祉局長室、総務企画局長室)に及んでおり、さらに事件が広がりを見せることは必至です。

桑原敬一前市長時代に、「ゼネコン疑惑」「平日ゴルフコンペ事件」「収入役によるゼネコンへの献金要請」「自民党パーティー券事件」など建設業者・業界との癒着腐敗事件が度々発覚し、構造癒着の一掃は市政の重要な課題でした。ところが山崎市長のもとでも「前市長の腹心の部下」であり、業界とのパイプ役と言われる人物を総務企画局長という要職にすえ、従来の体制をそのまま引き継ぐなど人身の一新は行われず、多くの市民が懸念を表明していたところであります。もちろん、山崎市長の任命責任も問われております。しかしながら今回の事件は、木山容疑者個人の問題だけでなく、大型開発の利権をめぐる政・官・業の癒着構造の中でおきた典型的事件であり、開発優先の市政のもとで作りだされた構造癒着と汚職腐敗の実態は、この際、徹底的に市民の前に明らかにされなければなりません。

わが党市議団は、昨年11月に貴職に対し、事件の全容解明と再発防止のための百条調査委員会の設置を要求しました。しかしながら代表者会議の協議で、「今後の推移を見る」などとして、今日まで設置されずにきました。市長にも、自らの責任で全容解明を行うよう求めましたが、今日まで徹底した調査は行われておりません。このままでは、市政に対する市民の信頼はますます失墜し不正と腐敗はいつまでも温存されることになります。現職局長が逮捕された今、傍観者的に「真相究明は地検まかせ」という態度をとりつづけることは、もはや絶対に許されません。

多くの市民が、KSD事件や税金をくいものにした官房機密費問題などとあわせ、今回の本市の事件に怒りを強め、同時に、事件の徹底解明を求めております。

したがって、今こそ、市民の負託に応え不正・腐敗をただす議会の役割を発揮し、市議会が市民とともに事件の全容解明のためにあらゆる手立てをつくし、再発防止のために全力をあげるべきです。昨年11月に要請した百条調査特別委員会を早急に設置して、事件の全容解明と再発防止の協議を具体化されるよう、強く要請します。


以上


>>>「申し入れ」一覧に戻る
>>>「声明」一覧へ
>>>「政策と活動」トップへ

PageTop