博多区市議会議員 ひえじま 俊和

博多区市議会議員 ひえじま俊和(比江嶋としかず)

ひえじま俊和の人柄紹介

人柄紹介 議会レポート

ひえじま俊和

格差と貧困とたたかう“博多区の命綱”
生活相談にとりくんできたチカラ

「派遣切り」にあった青年の相談にのる

「派遣切り」にあった青年の相談にのる

格差と貧困が広がる中、ひえじま元市議は、毎月2回弁護士といっしょに無料生活・法律相談会など連日のように市民の方々の生活相談にとりくんでいます。「派遣切り」にあい「死ぬつもりだった」という青年、借金で八方ふさがりになり絶望した業者……多くの人が相談会で救われました。「博多区の命綱」と評判です。

福祉問題のエキスパート
国保や介護の負担軽減してきたチカラ

市議会で質問(2010年)

市議会で質問(2010年)

ひえじま元市議は、市議時代、長く福祉担当の委員会に所属し、市民運動と力をあわせて国保料の引き下げなどを実現させてきました。また、介護保険料の市独自の減免制度を議会で提案し、いったんは他党の反対で否決されましたが、粘り強く求め続け実現させました。福祉充実へ「試されずみ」の人です。

歯科医師として20年
地域医療につくしてきたチカラ

勤務医時代、地域の子どもたちを健診

勤務医時代、地域の子どもたちを健診

ひえじま元市議は、千鳥橋病院(博多区)の歯科医師として20年間地域医療につくしてきました。また、市議時代は、市議会の少子・高齢化対策特別委員会の委員長としても活躍してきました。

今も「ふくおか健康友の会」の博多副支部長として、博多せんしょう店内など地域で健康相談などにのっています。地域医療・保健につくしてきた人です。


中3までの医療費無料化署名

中3までの医療費無料化署名は6万7千筆集まり、その先頭にたってきました

健康相談にのる活動

健康相談にのる活動をしています(博多せんしょう)

地域の願いをかたちにするチカラ

ひえじま元市議は、市議時代も、そして今も地域の声を集めて、みなさんとごいっしょに「かたち」にしてきました。

御笠川の水害をうけ、他都市調査をもとに地下貯水池を議会で提案。「貯水池を整備したい」という答弁を得て、山王公園の貯水池整備へと実りました。

西鉄雑餉隈駅・JR竹下駅のエレベーター設置では地元住民と署名運動をおこない、実現の大きな力になりました。

学校ウォッチングを毎年実施し、博多区内の小中学校の危険箇所・老朽化を改善。教室エアコン設置も毎年要望し、ついに実現しました。

板付団地の照明

板付団地の照明

東比恵の信号設置

東比恵の信号設置

那珂小の調査・改善

那珂小の調査・改善

千代県庁口駐輪場

千代県庁口駐輪場

山王地下貯水池整備

山王地下貯水池整備

JR竹下駅エレベーター

JR竹下駅エレベーター

PageTop